Allegretto

型月にどっぷり。プロフィールをご一読下さい。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

入野自由さん『E=mc²』発売記念トーク&ミニライブ1部行ってきました!

NEC_0163_2014022319403833e.jpg

友達の助けと

57_20140218203006847.jpg

この4枚のCDのお陰で参加することが出来た今回
本当に本当に参加することが出来て良かったです!!

E=mc2(豪華盤)(DVD付)E=mc2(豪華盤)(DVD付)
(2014/02/19)
入野自由

商品詳細を見る

このジャケ絵でみゆくんの写真の部分をUNOさんにイラストにしてもらった
手作りTシャツに赤のパーカーとデニム、ブーツといういでたちで
ステージの真ん中にある椅子におもむろに座り譜面台に譜面かな?をおいて
1曲、1曲について説明するところから始まりました!

ますはジャケ絵のことからだったんですが
みゆくんのスタイリストさんの事務所にお邪魔した時に
飾ってあったUNOさんの絵に惚れこんで
本当はSoieiiの時からやってみたかった
自分の写真を全面に出すのではなく
イラストとのがっつりとしたコラボをやりたかったのもあって
まだどういう風にするか決まってない時にお願いしたら実現したそうです。

「Bing Bing Knight」ですが
なみーとかっきーのLIVEの時に色々とお話しして
いつか曲を作りたいと言って下さった宮崎さんにお願い出来てとても良かったと。
歌詞も曲に合わせて内容よりもとにかく弾けた感じでお願いしたいとお伝えしたそうです。

「Loud!」は英語を多めにした歌詞に挑戦していて
海外旅行に行くのが好きで英語を習ってるのもあって
もうちょい上達してるかと思ったのにしてなくてがっくりしたとのこと。
こういう曲調はみゆくんご自身の声質とは合ってないとみゆくんが思っていて
でもこういう恰好良い曲調にも挑戦したくてお願いしたとのこと。
内容は欲とかそういう意味なのでダークな曲ですとのこと。

「それでもなお」は宝塚BOYSが終わって抜け殻みたいになってた時に
ここでも(「それでもなお」で)書いているように
本当に詞を作ることが出来なくて投げ出しそうになった時もあるけど
今までのように伝えたいではなく、
今の自分はこうなんだってことを書いた内容とのことです。
曲は舞台の間も色々と聞いてきたしギターで簡単なコードしか弾けないけど
色々と弾いたのを録音してプロの方につなげて頂いたと。
本当は自分で最後までやりたかったけどやり方も分からないので
お願いして良かったと思っていますとのことでした。


「さらば君よ」は酒井さんの曲だしSatomiさんの詞なので
バラードだと思われた方も多いと思うけど
明るめの曲調で恋愛を含めて歌っています。

「日々」はめちゃめちゃ後ろ向きの暗いワンコーラスをみゆくんが書かれてて
あー!もう書けない!!でも書くって言っちゃったしどうしよう!?って時に
以前から共作はどうだ?と勧められていたこともあったので
お願いしようってことになった時に
宮崎さんではないけれどみゆくんの事を良く知っている方にお願いしたくて
只野さんにお願いしたところ
みゆくんが書いた後ろ向きの詞に対して
大丈夫だよ!それでも前に向かって行けるんだよ!ってことを詞で答えてくれて
その詞を最初にもらった時は携帯にメールで入ってきて
思わず道で読みながら、嬉しくて少しぼうっとしてしまったとのことです。

「どこまでも」は渡辺さんの十八番でお願いします!とお願いしたら
喜介さんの詞も含めてめっちゃ前向きな曲で、おおおおおってなったそうです。
でもめちゃめちゃ歌うのが難しくて大変だったとのことです。

今回のアルバムは「Bing Bing Knight」と「どこまでも」の
明るい前向きな曲で後ろ向きな気持ちの曲を挟んで
前を向いて歩いて行こうというミニアルバムになっているそうです。

全曲解説はとても苦手で
雑誌とかでも文章になっていると自分の伝えたいキモチとずれていることがあるし
こういう場で皆の顔を見ながらだったら誤解とかもないと思うけど
書かれ方によっては誤解も生じるし、直すこともあるそうです。

そしてここからギターの寒河江さんをお呼びして
「日々」と「cocoro」のアコースティックライブだったんですけど
ギター1本の生音やみゆくんと寒河江さんで
打ち合わせてアレンジもしてもらったそうで
通常のライブでは聞くことの出来ないみゆくんの声とギターが奏でる
みゆくんの気持ちがまっすぐに伝わってくるライブで
私も含めて泣いてる人が多数いらしゃいました。

アコライの前に少し寒河江さんとみゆくんがお話ししていて
みゆくんが寒河江さんに「俺のいいとこを伝えて下さいよー」ってなった時に
寒河江さんの仕事場でアコライのリハをやる度に
仕事場に着くなりトイレに行くのはいいんだけど
トイレの電気を消してよーと言われててちょっと面白かったです(笑)
お母さんの気持ちが分かるよーと言われてたです。

そんなアコライが終わって
みゆくんから改まって今後の活動についてのお話しがあったのですが
『cocoro』を作った時にはもう決めていたそうなんですが
舞台をがっつりとやる時期を作らなければダメだと思っていて
それがこの時期だったそうです。
子供の頃からずっと舞台が好きでいて
だから今もこんなに舞台が好きなのかとか
どうして舞台に惹かれるのかの答えが年に1回出るくらいじゃ
分かりそうで分からなかったからと。
声の世界はみゆくんを育ててくれた場だし
歌ももちろんずっと歌って行きたいし
歌える場があることは本当に幸せだと思うけど
今はソロライをやる時期ではなくて舞台で
自分の知らない人たちと知らない世界で舞台という場で
自分で満足のいく表現が出来るようになって
答えが見つかったらその答えを持って
自信とプライドを持って活躍できるようになりたい
とのことでした。
そのために前の劇団を出て今の事務所に入ったし
声優とか舞台役者とか歌手というくくりではなく
入野自由というジャンルの表現者になりたい
そうです。
だから今は少し待っていて欲しいとのことです。

そしてサプライズとしてみゆくんからのお土産がありまして

NEC_0167.jpg

書いてて心が折れたみゆくんの直筆サイン入りのポスカですv
本当に嬉しかったですvv
あとは…

NEC_0165_20140223194041c70.jpg
NEC_0166_20140223194041cf8.jpg

会場の出口にあったみゆくんのサイン入りポスターです。

今回のリリイベでは大きな歓声とかではなく
会場にいたみんながみゆくんの話を歌を聞こうというイベントで
とても静かな中で聞くことが出来て嬉しかったです。

最後に、とても長くなってしまいましたが
参加出来なかったみゆくんファンの方に少しでもお届けできればと思い
覚えている限りのことを書きました。
読んで下さってありがとうございました!

| イベント | 20:39 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。